「泡」活用のポイント

茶のしずく石鹸を丁寧に泡立てて細かな泡をつくり、ふんわりとした状態で顔の上にのせ、手のひらで優しくマッサージするように洗うと、毛穴に詰まった汚れや古い角質を取り去ってくれます。

毛穴の奥まで入り込んで汚れを表に浮き上がらせるのは、きめ細かな泡の役目です。 いわば茶のしずくの美肌成分を活かす肝なのです。
ですから、洗顔する時には、「泡のふんわりした状態を残したまま洗う」ということが一番大切です。

せっかく豊かな泡を作っても、汚れをとるために少しでも肌に成分を浸透させようと勘違いして泡をつぶしてしまうようにこすりつけてしまっては、肌に悪い影響を与えるだけでなく、せっかくの効果が半減してしまいます。 優しく洗っても、細かな泡がきちんと汚れを吸着してくれます。